木曜日, 5月 19
Shadow

タグ: ワークライフバランス

働き方を見直すことが重要

夜勤を伴う看護師という仕事は、ほかの職種に比べて多くの勤務形態が存在します。そのため、働く時間もさまざまで、引き継ぎや救急対応によって時間外労働が生じることも暗黙の了解になっています。 このような労働を強いられることにより、看護業界から去ってゆく看護師も少なくありません。そのため、医療業界全体で推し進められているのが働き方改革です。 理想のライフスタイルを叶えるためには、ワークライフバランスを実現できる職場環境を整えることが重要になります。まずは勤務形態にバリエーションを持たせることで、仕事と家庭や育児の両立を図るといった取り組みを実行するなどです。 女性にとって働きやすい環境を整えることで、医療業界からの看護師の離職を食い止めることができるかもしれません。...

ワークライフバランスの取り組み

時代の移り変わりの中でよく使われるようになった言葉の一つにワークライフバランスがあります。社会における重要な役割を持つこの言葉について詳しく知らないという人も少なくありません。 ワークライフバランスとは簡単に説明すると仕事とプライベートにおけるバランスのことで、日本語に言い換えると生活と仕事の調和という意味になります。 例として挙げると仕事の順調さがプライベートの充実に反映されたり、その逆のパターンなどです。このようにどちらか一方の充実がもう一方を引き上げる相乗効果こそがワークライフバランスの理想となります。 企業側も働き方改革の一環として積極的に取り入れていて、その一つが育児休暇です。かつては女性を中心に行なわれていたこの育児休暇を男性社員も積極的に取れるようにすることで、女性の社会進出の後押しや男性社員のやる気を引き出そうという狙いがあります。 同様の取り組みとして行われているのが短時間勤務です。これは子育てや家族の介護を行なっている社員を対象に、本来の就業時間より2~3時間程度短くしてそれらの時間に当てるといった方法になります。この短時間勤務については勤務日数や労働時間など個人の状況に合わせた柔軟な対応が課題も残されているのが実情です。 そのほかにも、多くの企業が福利厚生の充実といった点にも力を入れています。ここで挙げる福利厚生は給料面だけでなく企業が管理している施設の利用、資格取得の支援などです。仕事以外の面での待遇の良さは会社の信頼にも繋がり、その結果優秀な人材が集まりやすくなるという効果を生むのです。 ワークライフバランスを重視する人が増えた今、働きやすい企業づくりに拍車がかかるのは、非常に良い傾向だといえるでしょう。...